安倍首相へのメッセージ-ABE UNDER SIEGE

日本の政治は現在、民主主義から離反しようとする安倍政権によって、かつてない緊急事態のなかにあります。いま、平和と立憲主義を守ろうとする日本社会の無数の声を、全国、そして世界に響かせることが必要です。私たちは、あまりにも多くの場面で民意を無視して進もうとする安倍晋三首相の政策や、その独善的な政治手法に関する懸念の声を、ウェブサイトで可視化するため、このプロジェクトを立ち上げました。

「原発」「安保法制」「憲法」「沖縄米軍基地」「秘密保護法」「TPP」「消費税増税」「社会保障」「雇用・労働法制」「農業・農業改革」「ヘイトスピーチ」「教育」など、日本社会の未来に関わる諸分野に関して、安倍内閣に対する国内外の不安は、限界に達しつつあります。

安倍内閣の政策のなかでも、とくに「安全保障関連法案」に関しては、日本にとどまらず世界中の懸念の声が高まっています。圧倒的多数の憲法学者による違憲判断も無視し、日本の国会に先立って米国議会に約束した集団自衛権の法制化を進める安倍政権の政治は、民主主義としての正当性を失いつつあります。国民の8割以上が説明不足を感じる多くの法案を、国会審議を尽くすことなく採決に持ち込もうとする姿勢は、前代未聞の独善的な政治と言 わざるを得ません。

歴史的危機にある日本の民主主義を守るために、国内外の自由を愛する人々からの巨大な共鳴を可視化し、安倍政権を囲むことが必要です。民主主義のために、安倍政権を思いとどまらせるNOの声を寄せてください。

2015年7月1日 :

安倍政権NO! 実行委員会 ABE UNDER SIEGE プロジェクト