ずっとノンポリでいれればよかったのに。正直そんなふうに思いますが、あとで後悔しないために、そしてなにより将来を担う若い人たちに少しでも希望を手渡すため、私自身もまた、私のできる範囲で、現下の愚かな日本の政権に対して、反対の意思をきちんと表明しておきたいと思います。 #反戦なう

土屋誠一(美術批評家/沖縄県立芸術大学准教授)

HOME
シェア