7月16日に安倍政権は違憲の安保関連法案を強行採決しました。国会審議が進めば進むほど、ますます「国民の理解が進まない」からです。
時の政権の解釈次第で、憲法を変えることを可能にし、自衛隊の活動範囲が際限なく拡大する事ができる、この法案の性格と重ね合わせると、とても陰鬱な未来がみえてきます。
私は一人の民主主義者である事を示すために、微力を尽くしたいと思っています。

金子勝(経済学者)

HOME
シェア