戦争は権力者による最大の自然と人間の破壊行為です。違憲状態の首相とその一味が集団自衛権という参戦権を振りかざして、国民を戦争に巻き込もうとしています。主権者日本国民が協力して、違法に権力を奪っている人たちによる破壊を止めなくてはならないと考えます。

坪内俊憲(星槎大学共生科学部教授、ボルネオ保全トラスト運営委員、ボルネオ保全トラストジャパン理事長)

HOME
シェア