大きな戦争の後70年間、立憲民主主義の上で多くの人智によって築かれ守られた結晶が、この国に生きる私たちの自由と平和であり、そしてさらなる発展の必要があります。しかしたった数年にも満たない安倍政権の、正当な議論と手続きを無視し続ける政治手法でそれらの破壊を進める行いに対し、激しい憤りを禁じえません。
どうか、今すぐに、一人よがりな憲法解釈の変更を考え直し、国会における答弁ならざる詭弁を止め、正々堂々と議論を行い、数多くの人々による反対の声を真摯に聞き、米議会での台本朗読で打った空手形を撤回して下さい。
それが出来ないのであれば、安倍晋三首相はこの国の行政府の長として極めて不適格であり、一日も早い退陣を強く願うばかりです。

宇賀田直人(グラフィックデザイナー)

HOME
シェア