憲法は、国家という存在の根本的な自己規定であり、日本国憲法の否定は日本そのものの否定である。集団的自衛権の行使が必要であるならば、改憲以外に方法はない。
その上で、私は集団的自衛権の行使に反対である。
世界の他の国と何の変哲もない、いつでも代替可能なone of themの国家になっても仕方がない。戦後、平和憲法と共に歩んできたという特異な歴史性に立脚し、他のどんな国にも代替不可能な国際貢献の方法に徹するべきだ。

平野啓一郎(小説家)

HOME
シェア