巨大な資金とメディア、権力を利用した国家プロパガンダがきっとこの夏には日本中を覆うだろう。安倍政権が私たちに求めるのは、理解ではなく強制、対話ではなく隷属、デモクラシーの権利ではなく独裁への奉仕ではないか。しかし嘘はやはり嘘に過ぎない。民主主義は市民の自治と相互の共和が原点だ。自分たちこそが絶対で無謬だといってはばからない政治には、私たちは全力で抵抗し、その専横をとめなければならない。

逸見龍生(フランス文学者)

HOME
シェア