国と国との関係を隣近所の家同士の揉め事に喩えて、それでわかりやすくしたつもりになっている政治家は、あくまでも言葉によって人を説得し納得させることを生業 とする政治家の役割を放棄していると思われます。どこまでも平和を訴える日本の憲法は、武力でしか平和を作れないとするその他の国のやり方と比べて、はるかに未 来的で結果的に現実的だと思います。わたしたちは平和を訴えることに臆病になる必要は全くないと思います。その素晴らしさを堂々と全世界の人々に向けてプレゼン テーションすることが日本の政治家の使命ではないでしょうか。そしてそのプレゼンテーションによって、初めて、「議論」が生まれてくるのではないでしょうか。

樋口泰人(爆音映画祭プロデューサー/boid主宰)

HOME
シェア