僕が僕らしく生きていく為には人が人を傷つける事に加担する訳にはいかない。 怖いし、面倒くさいけれど、ちゃんと怒って行こうと思う。
それはNO!と言うポジティブな行動であなたを引きずり下ろせることを知っているから。
留守番してくれている人の分も声を上げ続けたい。
NO!安倍政権!
みんな!「怒り」も「祈り」って知ってた?

奥野亮平(図画工作人/ポングリ)

HOME
シェア