平然とした顔をしながら、国際社会に対し

「汚染水は完全にコントロールされている」

と嘘をつく。

安倍総理のこの言葉で、私は完全に絶対的に信用しなくなりました。
(元々信用してませんでしたが)

米議会演説で、勝手に安保法制の成立を約束してきた人に、

「戦争にはならない」
「徴兵制はない」

と言われても‥。

「国民の財産や命を守る為」

この言葉も、ほんの一部の国民に向いてしか言っていないのでしょう。
大多数の民意を無視し、憲法すらも解釈変更し、
私物化している彼(or彼ら)なのですから。

正規の手続きも取らず独自の解釈で憲法を捻じ曲げてしまう前例を作ってしまったら、
この先、一体何が国の礎になるというのでしょうか?


戦争はいつも

「平和のため」

だといってはじまります。


私たちはその入り口に立たされているのだと思います。

今こそ、戦争を放棄した唯一の国に生まれた人間として、
胸を張って「NO!」と突きつけるべき時だと思います。
日本のためにも、世界のためにも。

今井トゥーンズ(アーティスト/イラストレーター)

HOME
シェア