「戦争の最初の犠牲者は真実である」といわれます。秘密保護法が、それに当てはまります。安全保障関連法案の成立を許せば、「戦争する国づくり」が完成します。「新聞の究極の使命」とは、二度と戦争への道を歩ませないこと。「戦争NO」の声と連帯していきます。

佐藤圭(新聞記者)

HOME
シェア