積極的平和主義の名のもとで戦後70年の歴史の中で日本はかつてと同じ過ちを犯そうとしてます。
表では経済成長を争点として選挙を戦い蓋を開ければ安保関連の強行採決。
現行の選挙制度のぜい弱性をうまく利用し、またマスコミの弱みに漬け込んだ印象操作、数にまかせたずさんな国会運営など、挙げればきりがないほど国民をないがしろにした第二次安倍内閣のやり方にはNOを突きつけます。
国会に限らず、きちんと議論のできる民主主義を望みます。

古川 潤(彫刻家)

HOME
シェア