私が最も厭うのは道理の通じないことです。道理の通じないところに会話や議論は成立しません。会話や議論が成立しないところで物事は進みません。物事が進まないはずのところで物事を進めようとすると、それはごり押しとなります。ごり押しとはすなわち、道理が通じないことです。この閉鎖した回路は、個人においては愚昧、権力においては独裁と呼ぶのです。

北丸雄二(ジャーナリスト/コラムニスト)

HOME
シェア