「立憲主義を蹂躙し、民意を無視し、国会発議も国民投票もなしで戦後日本の根幹をなしてきた平和憲法を空文化して、合衆国の世界的軍事戦略に無制限に加担しようとする安倍首相の政治は、まさにネオ・ファシズムと呼ぶほかありません。
この国の現在と未来のために、戦争法案の廃案と安倍晋三の退陣を強く求めます。」

守中高明(早稲田大学教授)

HOME
シェア