これまで、公務員がそうであるように、政治家もまた民に身を捧げる公僕だと思ってきました。たとえ法的に曖昧な地位にあったとしても、公僕(会社に例えるなら株主によって承認された取締役執行役員をとりまとめる代表)として、この国を世界の国々とともによりよき未来へと誘っていく一翼を担うことだけがその仕事のはずです。
民意も憲法も基本的人権も蔑ろにし続ける安倍首相は、与えられた仕事をしないばかりか、背信行為を働いているといっても過言ではないでしょう。辞めていただくしかありません。そう、あなたにクビを宣告したいのです。
自民党に対抗できる野党がない今、次の選挙で投票したい組織を作り育てるという、私たち国民も大きな仕事を抱える事となります。でも頑張っていきます。
安倍政権の放置はあまりにも危険。
だって、戦争したくないし、他国の言いなりになりたくないし、原発も基地も必要以上に要らないし、未来に続く子供たちの繁栄を願いたいし、困ってる人にだって手を差し伸べたいし、親友に出会いたいし、何より自由がほしい、だから。

日下部圭子(映画プロデューサー&ディストリビューター)

HOME
シェア