今国会で議論されている戦争法案は、長年自民党政権のもとでも維持されてきた憲法解釈を変えて、集団的自衛権を容認したものであり、立憲主義を否定し、憲法9条違反の問題法案です。
 また、自衛隊が従来の非戦闘地域から戦闘が行われる可能性のある地域まで、輸送・補給などの後方支援を行うことができるようになります。PKOについても、国連の活動以外や治安維持活動まで広げられます。
 アメリカ軍と一緒に、いつでも、どこでも、どんな場合でも海外で戦闘に巻き込まれ、武力行使する国に日本が変わっていくことになります。
 マスコミの世論調査でも、戦争法案反対の声が強まっています。
 ほとんどの憲法学者や憲法の番人と言われる歴代の内閣法制局長官経験者も憲法違反と述べています。
 戦争法案反対の声を広げ、廃案に追い込んでいきます。国会の内外で戦争法案反対の行動を強化していく決意です。
社会民主党党首 参議院議員 吉田忠智

吉田忠智(社会民主党党首 参議院議員)

HOME
シェア