わたしは安保法案に反対します。東アジアの平和的均衡が乱され、日本国内の政治的抑圧が強まると懸念します。憲法を蔑ろにし武力に頼るのではないしかたで、国際協調と紛争解決を試みることが可能です。わたしたちは現にそのように望み、そのように努力してきました。わたしたちがとるべき選択は、戦後の平和への努力の成果とその不十分さを踏まえて、さらに前に進むことだと、わたしは確信しています。

宇城輝人(関西大学教授)

HOME
シェア