集団的自衛権の行使容認、安保関連法制は、私たちの平和を壊すだけでなく、誰かの命を殺し、他国の平和を壊す可能性をもっています。辺野古への基地移設や、原発の再稼働にも私は反対ですが、なにより、立憲主義を無視し、民主主義的な手続きを取らない安倍政権の暴走を見過ごすわけにはいきません。一人一人が学び、考え、NOと示すことからです。

仁藤夢乃(『難民高校生』『女子高生の裏社会』著者)

HOME
シェア