集団的自衛権の行使容認は、果たして本当に抑止力の強化に繋がり、自国の安全を守る事になるのでしょうか?引き換えとして考えられる「日本が紛争の当事者になってしまうリスク」、「テロリストの憎悪対象にリスト入りしてしまう危険性」についてはどこまで議論がなされたのでしょうか?

曖昧な部分が多く、なし崩し的な安全保障関連法案を巡る動きは、本当に国民の声を反映していると言えるのでしょうか?

民意を置き去りにし、政治を私物化している印象さえ受ける安部政権には、強い不安と憤りを覚えます。

小林和人(Roundabout / OUTBOUND 店主)

HOME
シェア