TPPも原発も沖縄の米軍基地政策も米国に媚びを売り隷従する二枚舌政治の象徴だ。
国民に平然とウソをつき、平気で公約(約束)を破る。
追い込まれると責任は「総理の私」にある、と言いながら責任をとった証は一度もない。
戦争責任について反省は口にはするが、決して謝らない。
憲法改正を声高に叫びながら憲法9条を解釈だけで骨抜きにしようとする
その姑息さは卑怯で醜悪そのものである。

米国の戦争に巻き込まれ自衛隊の若者に死者が出たときいったい誰が責任をとるのか。
我々はそのショックに耐えられるか。

これからの日本、次世代の日本
心の中でいくら反対だと思っていても黙っていては賛成に数えられてしまう。
まだ遅くはない。
毅然と声を上げよう!行動しよう!

西山正啓(記録映画作家)

HOME
シェア